<   2008年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

森 鴎外 記念館

森鴎外記念館に行ってきた。

森鴎外といえば、高校の教科書に載っていた「舞姫」の作者で、医師で、ドイツに留学していた人・・・という印象。
私が興味を持っているのは、森鴎外の娘、森茉莉だ。

森茉莉の「贅沢貧乏」という本を読んで、その珍妙で奔放で・・・なんとも類を見ない暮らしぶりを読んで衝撃を受けた。
森茉莉が「パッパ」と呼ぶ森鴎外は、森茉莉を溺愛した。
そのエピソードは「贅沢貧乏」の中でも書かれてあったが・・・本当におかしすぎる!

ありました。
森鴎外が旅先から子供達に出した手紙が。

私と同じ様に、半笑いでその手紙を見ていた人も何人かはいただろう・・・(笑)。


d0081907_67107.jpg


d0081907_67266.jpg


d0081907_67471.jpg


d0081907_68535.jpg

[PR]
by gallery_yuri | 2008-05-14 06:09

中原中也記念館

好きな詩人は?と聞かれたら・・・中原中也と答える。
・・・と言ったらちょっと格好つけすぎみたいだが・・・(笑)。

「汚れつちまった悲しみに・・・」の詩が好きだ。

その、中原中也の誕生の地である、山口県湯田温泉にある「中原中也記念館」に行ってきた。
訪れた時は「友情」という、中也がどのように友達と付き合っていたか・・・という展示が行われていた。

中也は、はがきと切手を持ち歩き、街角から友達へ手紙を出していた。
また、見込んだ友達の近くに引っ越しし、朝も夜も訪ねた。
そんな中也から逃げ出してしまう者もいたし、中也を理解し支えた者もいたそうだ。

中也の友達に向けた愛情が大いに想像できた。
ちょっと「ウザッ」っと笑ってしまうところもあるが・・・


中原中也と言えば、黒のツバつき帽子をかぶった、憂いのある表情で写った写真がすぐに思い出される。
中也が愛用した、黒の帽子と黒のコートも展示されていた。
やはり、自分のスタイルを持っていたようだ。

写真をよ~く見ると、チュートリアルの徳井に似ているような・・・(笑)。


d0081907_3414537.jpg


d0081907_3423100.jpg


d0081907_3421895.jpg


d0081907_3423761.jpg

[PR]
by gallery_yuri | 2008-05-08 03:44

潮干狩り

2週続けて仁尾に潮干狩りに行った。

幼少の頃、今から比べると、とても、とても遠かった仁尾まで、両親に連れられて、車酔いで嘔吐しつつ行った記憶がある。
母曰く、その時は夜寝ていても脳裏に貝がごろごろでてる情景が浮かぶほど、貝が採れたそうだ。
私には嘔吐した記憶しかないが・・・。

2週目の日、採れた貝は7つ。
2つは小さい小さいので戻して、5つ採って帰り、みそ汁にして頂いた。

5つでも、ちゃんと貝のよい風味がした。


d0081907_7562636.jpg


d0081907_7564640.jpg



d0081907_757567.jpg


d0081907_7572649.jpg

[PR]
by gallery_yuri | 2008-05-03 07:58